キューライス記

1985年生まれの男。漫画、イラスト、アニメーションなどを描きます。ご質問、ご依頼はこちらのアドレスにどうぞqraisqrais@gmail.com。       キューライス制作の短編アニメーション「鴨が好き」公開中https://www.youtube.com/watch?v=48-RA4BNXVc

落語「粗忽長屋」

あらすじ

八五郎が雷門の前を通りかかると人だかりができている。行き倒れがあったらしく、その死体を見た八五郎は「こいつは同じ長屋の熊五郎だ、今朝こいつは体の具合が悪いと言っていたんだ!」と言い出す。役人は「この行き倒れが死んだのは昨日の夜だから、この死体はお前の友人ではない」と止めるが、八五郎は長屋に帰って死んだ当人を連れてくると言い出す…。

f:id:q-rais:20150329142608j:plain

落語会のトリックスター粗忽者が主役の噺。熊五郎が何者かの死体を抱えながら言う下げ「抱えられているのはたしかに俺だけど、抱えている俺は誰だろう?」という台詞は滑稽ながらもどこか不条理短編小説のような面持ち。

映画「スタンドバイミー」の原題は「THE BODY」(死体)。まさにこの落語こそ「THE BODY」だ。