キューライス。

1985年生まれの男。漫画、イラスト、アニメーションなどを描きます。ご質問、ご依頼はこちらのアドレスにどうぞqraisqrais@gmail.com。       キューライス制作の短編アニメーション「鴨が好き」公開中https://www.youtube.com/watch?v=48-RA4BNXVc

新春怪談「姿見」

Nさんが出張で秩父に訪れた際、宿泊したホテルで体験したという話。

最初にその部屋に入った時から、Nさんはあまり良い心地がしなかったという。

空気がどんよりと重く、昼間だというのに薄暗い。特に壁にかかった姿見が嫌に気になったという。

夜、なかなか寝付けずにいると、金縛りにあった。まるで腹の上に漬物石でも置かれたように、まったく身動きが取れない。

ズル…ズルズル…

異様な音に気がつき、恐る恐る薄く目を開けてそれを見た。

壁にかかった姿見から、白い塊がゆっくりと這い出してくる。

f:id:q-rais:20160101115721j:plain

Nさんはきつく目を閉じて、心の中で念仏を唱えた。

ズル…ズル…

白い塊がベッドを這い上がり、Nさんの枕元を這い回っている。

「たすけてくれ!」Nさんは叫び声をあげたが、声にならない。

やがてその白い塊がNさんの顔に登り、ズルズルと口に入っていく。

人肌のヌルヌルした物体で口を塞がれ息ができない。

苦しい!と思う間もなく、白い物体は喉を通り過ぎNさんの体の中に入ってしまった。

f:id:q-rais:20160101115741j:plain

気がつくと朝になっていたという。

フロントでチェックアウトする際に、そのことを従業員に話すと「やっぱり…」という顔をして料金は半額にしてくれたという。

姿見から出てきた白い物体は、のようだったという。

鏡から出てきた餅

鏡餅