キューライス。

1985年生まれの男。漫画、イラスト、アニメーションなどを描きます。ご質問、ご依頼はこちらのアドレスにどうぞqraisqrais@gmail.com。       キューライス制作の短編アニメーション「鴨が好き」公開中https://www.youtube.com/watch?v=48-RA4BNXVc

「ウサギと行く4泊5日広島旅行~3日目「呉灼熱!鋼鉄クジラと配られた氷」後編~」

その後、私たちは「大和ミュージアム」目の前にある「てつのくじら館」に入った。

f:id:q-rais:20160903122055j:plain

なんと入場無料である。中には海上自衛隊の掃海の歴史や、潜水艦の資料などが展示されていて、特に実際に就航していた潜水艦「あきしお」に乗船できるのが楽しい。

「実際の潜水艦なのでスイッチなどに触れないでください」という注意書きでテンションが上がる。

例えば、巨大海中生物にすべての船、潜水艦を撃破され、なす術がなくなった時に主人公が

いや、もう一隻ある

「あんた…まさか!」

「そうだ!てつのくじら館のゆうしお型潜水艦「あきしお」だ!」

なんて展開になったらなんて素敵なんだろう。

f:id:q-rais:20160903122211j:plain

 

ところでウサギはずっと「ソナーマン体験コーナー」で深海の音当てクイズをやっていた。ヘッドフォンに流れる深海の音を聞いてそれが「ホウボウ」のものか「大型コンテナ船」のものかなどを二択で当てるのだが、これが意外に難しい。

この時、ウサギの耳に関して重大な疑問が沸き起こったが、敢えて触れなかった。

f:id:q-rais:20160903122335j:plain

 

その後、私たちは呉線に乗って広島へ戻る途中、坂駅で下車した。

事前にインターネットで調べはついている、この駅前にスーパー銭湯「アジアンリゾートスパ シーレ」があるのだ。

広々とした店内は都内のスーパー銭湯ラクーア」を思わせ期待大。

洞窟のようになった天然温泉(なぜか仁王像が置いてある)や二種類のサウナ、露天水風呂などが楽しい。備長炭の滝を有した水風呂は深さと冷たさが担保されてなかなか良い。

f:id:q-rais:20160903122704j:plain

 

私はいつものようにサウナと水風呂を行ったり来たりして楽しんでいた。

何度目かの水風呂に浸かりながらぼーっとしていると突然、スタッフのおじさんから「~の氷です!よかったらどうぞ」と紙コップに入った氷を手渡された。

いろんな銭湯に入ってきたが、こんなサービスは初めてだった。それにスタッフの人の頭のほうの台詞が備長炭の滝の音にかき消されて、うまく聞き取れず、渡された氷の正体がよくわからない。

これは食べていいものなのだろうか…、それとも水風呂に突っ込んで「さらにクール」にするものなのだろうか。

他の客の様子を伺うと、どうやら皆、思い思いに氷を口に運んでいる。やはり食用氷かと合点し、私も恐る恐る口に運ぶ、無味無臭の普通の氷だった…。そして、コップの底のほうにはなにやら酸っぱい液が入っていた…。

あのサービスはいったいなんだったのか…。

f:id:q-rais:20160903122615j:plain

 

それにしてもこの銭湯、メンテナンス不足だろうかいたるところに汚れや故障が目立ち、日光を上手く室内に取り入れていないため開放感も出せていない、せっかくの天然温泉がこれではもったいない。結局私とウサギはたったの一時間程度でこの施設を後にした。

16時にはホテルに到着し、御幸橋までジョギングし、手を合わせ、もう一度風呂に入ると(ホテルで嬉しいのは水道代を気にせず何度も風呂に入れることだと思っている)、寝るまでの時間は作画作業をして過ごした。