キューライス記

1985年生まれの男。漫画、イラスト、アニメーションなどを描きます。ご質問、ご依頼はこちらのアドレスにどうぞqraisqrais@gmail.com。       キューライス制作の短編アニメーション「鴨が好き」公開中https://www.youtube.com/watch?v=48-RA4BNXVc

イラストレーション

「古賀史健がまとめた糸井重里のこと。」イラスト

6月6日に発売される本「古賀史健がまとめた糸井重里のこと。」のイラストを担当させて頂きました。 こちらが心配になるくらい自由に描かせて頂きました。まぼろしのどうぶつフィッケルペルネンクスがひょっこりしてますのでぜひ。 本の内容もとても面白かっ…

シンデレラとネコノヒー

両者は水彩塗りという共通点があります。シンデレラの原稿を10月ぶんまでオモコロに予約投稿した勢いで、なんとなく描いた落書きです。 これでしばらく肩の荷が降りる…、明日は明日でそろそろネコノヒーの原稿を描きます。 あ、この絵はシンデレラの単行本が…

Twitter1周年

一年前の今日、Twitterを始めたみたいです。 去年の今日、オモコロの人々に薦められるままにTwitterを始めてそこに4コマ漫画をアップし始めて、ネコノヒーの人気が出て、砂岡さん、スキウサギの人気が出て…ありがたいことに本やグッズが発売されるようになり…

今日のネコノヒー

心配だけど…テテーンが一緒だとちょっと安心して見れるね。 リュックに詰めてるものもしっかりしてるし…。 落石て…。

絵本「まぼろしのどうぶつ フィッケルペルネンクス」

こちらも2015年に描いたきり忘れていた絵本「まぼろしのどうぶつ フィッケルペルネンクス」です。 とくに内容という内容がないのが特徴なのと、読んでいる人に対してフィッケルペルネンクスが振り向くところが個人的には面白い、でも、それだけですね。 あと…

絵本「ゴリラさんだめです」

これが2015年に描いたっきり忘れていた絵本「ゴリラさんだめです」。 うさやまさんの顔のブサイクさがなかなか良いけど、「押すなよ押すなよ!?」的な上島さん構成が気になるところではある。 ちょっと単調だけど、ゴリラが最後まで一言も喋らないのは良い…

個展終了!

京都TOBICHIにて開催していたキューライス二回目個展が終わりました。 東京に引き続き京都で開催できたこと、改めて嬉しく思います。お忙しいなか足を運んでくださった皆様、ほんとうにありがとうございました! 在廊していた時は皆様の楽しそうな声を聞いた…

「ウサギと行く春の京都旅⑤ 世界遺産の余裕と苦味とピョピョコちゃん」

スーパー銭湯の外に出て、時刻はまだ14時半、足はへこへこになっているし、風呂上りに快晴のぽかぽか陽気と来て非常に眠い。 眠いがここは渾身の力を振り絞って、昨日は入れなかった二条城に向かうことにした。 15時二条城に入場。平成の修復を終えた唐門は…

「ウサギと行く春の京都旅④ 縁よ来い、美濃焼きに包まれて」

魔王殿の横に「600Mで貴船神社」という標識をを見つけて、さらに山を分け入る。 さっきと違いほぼ下り道なので楽といえば楽。それにしてもやたらと捻れに捻れまくった木々の数々が気になる。 「これってやっぱり霊的なパワーでこうなったのかな?」とウサギ…

「ウサギと行く春の京都旅③ ウサギ引き、鞍馬パワーと山イナフ」

翌日23日、なぜか5時に目が覚めてしまった。 眠っているスキウサギを起こさないようにして、一階の大浴場に赴く。やはり誰もいない、貸切状態である。 大浴場とは行っても、マッチ箱みたいなサウナ、桶みたいな水風呂、室内浴槽、ささやかな露天風呂(富士山…

「ウサギと行く春の京都旅② 高台寺ペロザリ歩き、遥かな会津藩」

時刻は17時、徒歩で祇園にある八坂神社に到着。 さすがにしんどい。 何かの縁日をやっているらしく大変賑わっていた。 参拝を済ませると毛玉くんが 「屋台が好き!」 といなないたので仕方なくお好み焼きっぽいものを棒に巻きつけた「はしまき」なるものを買…

「ウサギと行く春の京都旅① ウサギのヌッツォと血痕探し、33歳徒歩京都」

3月22日の14時、ほんのすこし小雨がぱらつく京都の街に私とピンクの歩く毛玉ことスキウサギは降り立った。 一昨年の広島旅行以来の遠出に私もウサギもテンションはかなり高めだ。 その証拠に駅前でウサギが外人っぽいことを叫んでいる。 普段、家にいて漫画…

咲くセス!

よかったな! 京都から東京のしょぼくれたマンションに帰宅して、ひーひー言いながら溜まった事務系の書類を書いて封筒に詰めてを繰り返してます。こういう系の手続きを一手に担ってくれる、アイアンマンのジャーヴィスみたいなAIが欲しい…。 今回の京都の旅…

チャー子

仕事の絵で忙しい時に限って、まったく仕事とは関係ない絵を描きたくなるものですね。 私はチャー子、好きなんだけどなぁ。 この前、レンタルで「夜逃げ屋本舗2」を観ました。この映画子供の頃観てすごく印象的だったんです。 子供心に「ああ、借金をすると…

今日のネコノヒー

そこは敢えて見ないようにして食べるんだよ!ネコノヒー! ご褒美ご褒美! ところで、本日、私は年に一度の歯科検診を受けて来ました。歯科恐怖症の私にとっては清水の舞台から飛び降りるような心持ちで訪れました。 結果は虫歯も歯周病もなし、そのあとの苦…

ウサギと観た劇団四季「ジーザス・クライスト=スーパースター」

2月1日、私とフェム化したウサギは雨のそぼ降る京王多摩センター駅に舞い降りた。 目的はパルテノン多摩にて劇団四季の「ジーザス・クライスト=スーパースター[エルサレム・バージョン]」を観劇するためである。 しかし、そこは心配性で神経症なキューラ…

明日の初詣の…

イメトレをするネコノヒー。大切だよねイメトレは。 でも、ネコノヒーがイメトレするあまり良いことが起こらないんだよね…。 大丈夫かな…。 それにしても何をお願いするつもりだろう。

今日のネコノヒー

お、明日築地市場に観光に行くのかい?Successできるかな…? この間ドキュメンタリー映画「二郎は鮨の夢を見る」を見ていたら、築地市場に行って見たくなりました。マグロは漬けが一番好きなキューライスです。

今日のネコノヒー

明日、マラソン大会に出場するようです…大丈夫なのか? 大根をトロフィーにして、表彰ミュージックまでかけて、練習するのは良いことだけど。 転ぶなよ! ネコノヒー 1 作者: キューライス 出版社/メーカー: KADOKAWA 発売日: 2017/10/30 メディア: 単行本 …

今日のネコノヒー

ここで今夜のネコノヒーの様子を覗いてみましょう。 しっかり棒まで買って…これはsuccess間違いなしですね。 結果は明日…。 ネコノヒー 1 作者: キューライス 出版社/メーカー: KADOKAWA 発売日: 2017/10/30 メディア: 単行本 この商品を含むブログを見る

ネコノヒーのハロウィン&単行本発売開始!

ハロウィンについて重大な勘違いをしているネコノヒー…。 ベラ・ルゴシのドラキュラの格好?まゆげが凛々しい…。 そして、本日、単行本「ネコノヒー」が発売されました! ネコノヒー 1 作者: キューライス 出版社/メーカー: KADOKAWA 発売日: 2017/10/30 メ…

ウサギと行くジブリ美術館(番外編)

ジブリ美術館をあとにした我々は近所にある東京都井の頭自然文化園を訪れた。 人が少なくてホッとする。 アナグマの爪とぎ、丸太に立って微動だにしないヤギ、フェネックの昼寝などを半笑いで見つめる。可愛い。 「小動物は癒されるわ~」とウサギが言うので…

ウサギと行くジブリ美術館(後)

ジブリ美術館を訪れているウサギと私。 時刻は10時40分、私とウサギは早めにカフェ「麦わら帽子」に足を運んだ。 ここは混むので早めに昼食を済ませてしまおうという魂胆である。 すでに10人ほど列をなしている。11時のオープンのこのカフェではあたたかい家…

ウサギと行くジブリ美術館(前)

10月の平日、暑くもなく寒くもないとてつもなくいい日和に、私とピンクの歩く毛皮ことスキウサギ(略称・ウサギ)は三鷹の駅に降り立った。 ここからジブリ美術館までシャトルバス的なものが出てはいるが、玉川上水に沿って10分ほど歩くとすぐだ。 せっかく…

流しそうめんのイメトレをするネコノヒー

今日のネコノヒーの様子です。 見てくださいこの気迫!これならsuccess間違いなしか! 麺が来たらこう! 麺が来たらこう! お碗にこう! (続きは明日)

次元の扉が…

過去と未来をつなぐワームホールが意外と長持ちだった… こんなときってすごく気まずいですよね。

ネコ〜ノヒ〜♪

そろそろ毎日アップするのに疲れて、今日は休もうと思ってはいても、こうして何かしらアップしてしまう自分の生真面目なところがある意味で弱さなんだと思う今日この頃です。 まあ、それはそれとして ネコ〜ノヒ〜♪ アリャ ルパン三世 second-TV.BD-(25)(Blu…

明日のビュッフェのイメトレ

たまには一枚絵のネコノヒー。 右手の親指が痛いので病院へ行ったら私の指は「バネ指」という名の奇形だと言われました。 「かっわいそうに…」 と医者がため息とともに言ってて衝撃を受けました。 でも、まあ、絵は描けるからいいです。 私は絵が描ければな…

ウサギと行く東京ディズニーシー⑦〜ニモ&フレンズ&私&ウサギ シーライダー〜

18時、いよいよ、プレビューチケットを使ってリニューアルされた「タートルトーク」へ赴く。 ここではウミガメのクラッシュとゲストのコミュニケーションが楽しめる。 アトラクションに「会話」というコミュニケーションを導入するとはさすがである。 いつも…

ウサギと行く東京ディズニーシー⑥〜当選男はグーフィーがお好き、荒ぶる神の怒り添え〜

そのあと、私たちは何をするでもなくボーッと水上を揺蕩うアトラクション、アクアトピアを楽しむ人々をじっと観察して楽しんだりした(我々は乗らない)。 こころから楽しんでいる様子のゲストを遠巻きに眺めていると、なんだか穏やかな気持ちになれる。 15…