キューライス記

1985年生まれの男。漫画、イラスト、アニメーションなどを描きます。ご質問、ご依頼はこちらのアドレスにどうぞqraisqrais@gmail.com。       キューライス制作の短編アニメーション「鴨が好き」公開中https://www.youtube.com/watch?v=48-RA4BNXVc

映画イラスト

ベニスに死す

ルキノ・ヴィスコンティ監督の傑作「ベニスに死す」。 ベニスで休暇を過ごす老作曲家がふと出会った少年タジオに究極の美を見出し、ペストの黒い影が忍び寄るベニスの街を火に誘われる蛾のように徘徊する…。 マーラーの叙情的な音楽が印象的なこの映画で、私…

アラン・リックマン

俳優のアラン・リックマンががんのため、69歳で亡くなられたそうです。 好きな俳優だったので残念です。 印象的な悪役が多かった気がしますが、やはり最後のはまり役はなんといっても「ハリー・ポッター」シリーズのセブルス・スネイプだったように思います…

「スター・ウォーズ/フォースの覚醒」

ネタバレあり。未見の方は閉じてください。 観てまいりました。待ちに待った「スター・ウォーズ」サーガの最新作。 正直な話、期待が大きくなりすぎてがっかりするのが怖かったので、「どうせ…」みたいな軽いノリ、淡い期待程度に留め、インターネットを遮断…

SW俳句 ヴォオオオン

「スター・ウォーズ フォースの覚醒」公開記念企画。スター・ウォーズ俳句です。 ウーキー族であるチューバッカの一句。 この句を聞いた時ハン・ソロは「おいおい、それは言い過ぎだろ」と笑ったそうだが、我々にはなんのことやらさっぱりな一句である。 ス…

SW俳句 気になりし…

「スター・ウォーズ フォースの覚醒」公開記念企画。スター・ウォーズ俳句です。 ようやくアナキン・スカイウォーカーを暗黒面に引き入れ、ダース・ヴェイダーとして弟子にしたのは良かったが、この無口で無表情な弟子が時々じっと遠くを見ていると、「なに…

SW俳句 哀れなり…

「スター・ウォーズ フォースの覚醒」公開記念企画。スター・ウォーズ俳句です。 「エピソード1~3」での記憶を完全に消去されたC-3POと違って、過去の記憶をすべて持っていると噂されるR2-D2。 かつての凛々しい大騎士ヨーダの姿を知っているからこそ、ダゴ…

SW俳句 疾きこと…

「スター・ウォーズ フォースの覚醒」公開記念企画。スター・ウォーズ俳句です。 「エピソードⅢ」にてヨーダとともにジェダイ聖堂に乗り込んだオビ=ワン、愛弟子アナキンの凶行と共に彼を驚愕させたのはマスター・ヨーダの素早さだった。 奇声を発しながら…

SW俳句 一言も…

「スター・ウォーズ フォースの覚醒」公開記念企画。スター・ウォーズ俳句です。 ジャバの宮殿から引き上げる時、ようやく視力が回復したハン・ソロの目に飛び込んできたのはものすごいビキニを着たレイア姫。「その服、いかすぜ」なんて軽口を叩こうか叩く…

SW俳句 見られたり…

「スター・ウォーズ フォースの覚醒」公開記念企画。スター・ウォーズ俳句です。 忙しくていつ見に行けるかわかりませんが…。 「チャンバラだ」なんて茶化したりしたけど、実はちょっとだけジェダイに憧れを抱くハン・ソロ。こっそり棒を振り回しているとこ…

SW俳句 密やかに…

いよいよ、明日から公開の「スター・ウォーズ フォースの覚醒」。 それを記念しての特別企画スター・ウォーズ俳句です。 辛うじてダース・モールを倒したオビ=ワン。その後こっそり作ったのが二枚刃のライトセーバー、敵ながらダース・モールの剣にちょっと…

食べたい映画「ゴッドファーザーⅢ」のカンノーリ

今年最後の「食べたい映画シリーズ」は「ゴッドファーザーⅢ」のカンノーリです。 このシリーズを思いついたきっかけになったとも言えるくらい、食べたいお菓子、それがカンノーリです。 カンノーリはイタリアの伝統的なペストリー菓子で、小麦粉ベースの筒状…

スター・ウォーズにハマるとこうなる~エピソード4~

短くはないスター・ウォーズライフを送ってきた私が、スター・ウォーズにハマることで起きてしまう事象、あるいは行動をレベルごとにの記すコーナー、エピソード4、最終章です。もはや引き返すことのできないスター・ウォーズ症状を紹介します。 LEVEL10.リ…

スター・ウォーズにハマるとこうなる~エピソード3~

短くはないスター・ウォーズライフを送ってきた私が、スター・ウォーズにハマることで起きてしまう事象、あるいは行動をレベルごとにの記すコーナー、エピソード3です。いよいよ、理解不能になってくるスター・ウォーズ症状を紹介します。 LEVEL8.スキューバ…

スター・ウォーズにハマるとこうなる~エピソード2~

短くはないスター・ウォーズライフを送ってきた私が、スター・ウォーズにハマることで起きてしまう事象、あるいは行動をレベルごとにの記すコーナー、エピソード2です。ますます、深みにはまるスター・ウォーズ症状を紹介します LEVEL6.折り畳み傘を持つのが…

スター・ウォーズにハマるとこうなる~エピソード1~

さて、12月に入り、今年ももう少しで終わりです。そして、今年の12月はただの12月ではありません、なんといっても「スター・ウォーズ/フォースの覚醒」の公開月なのですから…。(映画ネタが続いてしまって申し訳ないが) 私とスター・ウォーズとの出会いは、…

ピーウィーの大冒険

ティム・バートン監督の低予算長編デビュー作「ピーウィーの大冒険」。 アメリカの子供番組のキャラクター、ピーウィー・ハーマンが盗まれた最愛の自転車を追ってアメリカを旅するロードムービーである。 この映画の好き嫌いは、ハイテンションで甲高い声を…

キングスマン

「キック・アス」の監督マシュー・ヴォーンによるスパイ映画。 円卓の騎士風諜報機関「キングスマン」と人類滅亡を目論むエコテロリストとの戦い、また、キングスマンの一員として成長する青年をアクションとユーモアを交えて描いた映画。 コリン・ファース…

食べたい映画「パルプフィクション」のシェーキ

タランティーノ監督の傑作中の傑作「パルプフィクション」。 レストランで強盗を企てるカップル、マフィアの殺し屋二人組、ボスの妻、八百長を依頼されたボクサー、様々な人間の思惑が交錯するオムニバス形式の映画。 中学生の頃、タランティーノに没頭して…

「ビリー・エリオット ミュージカルライブ」

知人からブルーレイを借りて鑑賞した「ビリー・エリオット ミュージカルライブ」。 イギリスの貧しい炭鉱街の少年がバレエダンサーを目指す、映画「リトルダンサー」のミュージカル版。 最初は反発する父が、息子の真摯な姿勢に心を打たれ、やがて息子の夢を…

ターミネーターとねり消し

そうそうすこし前に「ターミネーター新起動」を観たのですが、とくに感想も思い浮かばなかったので、「ターミネーター2」に熱をあげていた小学生の頃、私がよく授業中にやっていた遊びを紹介しておきますね。

食べたい映画「ゾンビランド」のトゥインキー

ゾンビ映画の中でもコメディーゾンビ映画に分類される快作「ゾンビランド」。 引きこもりでちょっとオタクな青年コロンバスと武闘派ナチュラルボーン・ゾンビキラーのタラハシーのやり取りが面白い。 そんなタラハシーが命をかけて追い求めているのが、アメ…

「ナポレオン・ダイナマイト」

かつては当時流行っていた「電車男」をもじって、「バス男」という謎のタイトルだったこの作品。 ジャレッド・ヘス監督によるアメリカの田舎の冴えない高校生ナポレオン・ダイナマイトの日常を切り取った低予算の映画。 アメリカ人版の「中二病」真っ只中の…

食べたい映画「デス・プルーフ」のナチョス

タランティーノ監督によるB級映画二本立ての内のひとつ「デス・プルーフ」。 スピード狂で殺人狂のスタントマンが、車でセクシーな女性を追い回す映画。 タランティーノ監督のB級映画への愛が暴走する映画です。 そんな「デス・プルーフ」で登場する料理、ナ…

食べたい映画「ファウスト」のクネドリケーキ

またしてもシュヴァンクマイエル監督の「ファウスト」から。 主人公が悪魔の経営するレストランで食べるクネドリケーキです。…というもののあれがチェコの茹でパンであるクネドリケーキであるという確証はないです。中にソースが入っている点では餡饅にも似…

食べたい映画「ファウスト」のおやつ

チェコの映画監督ヤン・シュヴァンクマイエルによる長編映画「ファウスト」。何者かに操られるようにして男はファウスト博士を演じ始め、次第に悪魔の罠に嵌っていく。 前にも書いたけどみんな「シュヴァンクマイエルの映画の食事は不味そう!」というけど、…

「アベンジャーズ エイジ・オブ・ウルトロン」

いわずとしれたマーベルの人気ヒーローそろい踏みのいわばお祭り的な映画。むずかしいこと考えずに、大迫力のアクションシーンを愉しむ類の映画。特に今回初登場となるアイアンマンの新しいスーツ「ハルクバスター」と超人ハルクの大乱闘はものすごい迫力。…

「マッドマックス 怒りのデスロード」とトラック運転手

あの映画を見て一番心踊るのはトラック野郎なのではないか・・・。 女性ドライバーならなおさら。 安全運転を心がけてほしいものです。 マッドマックス 怒りのデス・ロード ブルーレイ&DVDセット(初回限定生産/2枚組/デジタルコピー付) [Blu-ray] 出版社/メ…

「マッドマックス 怒りのデスロード」

暴力が支配する荒れ果てた近未来で行われる壮大な鬼ごっこ。冒頭から最後までテンションの高さを維持して突っ走るアドレナリン分泌映画でした。登場人物がいちいちインパクトがあって思わず吹き出してしまうほど(人食い男爵など)、漫画みたいにありがちで…

インターステラーのTARS

「インターステラー」の影の主役と言っても良いのが共に冒険するロボットのTARS(タース)。その不器用そうな外見から予想できないほど緊急時はものすごいスピードで走りまくる。(それ故、公開前の予告編では宇宙人の新兵器かと思ってしまったほど) しかも…

インターステラー

近未来を舞台に宇宙と地球で引き裂かれる親子の絆を描いたクリストファー・ノーラン監督によるSF大作。ブラックホールの中や四次元空間など目を見張る映像のオンパレード、ただしブラックホールの中の映像を見たとき筆者が思ったのは「スペースマウンテンっ…