キューライス記

1985年生まれの男。漫画、イラスト、アニメーションなどを描きます。ご質問、ご依頼はこちらのアドレスにどうぞqraisqrais@gmail.com。       キューライス制作の短編アニメーション「鴨が好き」公開中https://www.youtube.com/watch?v=48-RA4BNXVc

「ズートピア」

f:id:q-rais:20160522111515j:plain

最近はその境目がますますわからない、所謂ピクサーではない、ディズニー制作のアニメーション映画。「塔の上のラプンツェル」のバイロン・ハワード監督と「シュガー・ラッシュ」のリッチ・ムーア監督のコンビによる演出。

 

小柄でありながらも強い正義感と信念をもったウサギ、ジュディは念願の警察官になった。勤務先は草食動物と肉食動物が仲良く暮らす大都会「ズートピア」。

そこでジュディはひょんなことから詐欺師の狐、ニックと出会う。二人は協力し合いズートピアで起きている連続失踪事件の謎を追う…。

 

まずは何と言っても冒頭からジュディがズートピアへ向かうまでのテンポが素晴らしい。劇中劇でサラッとこの映画の世界観、主人公の夢を簡潔に、かつ面白く説明してしまうあたり老舗ディズニーの老獪さを感じる。観るものをグイグイ映画に引き込み、大都会ズートピアのダイナミック景色、大小様々な動物が行き交い、生活する様子に圧倒される。

他の動物に比べれば小柄なジュディも、ネズミの街へ足を踏み入れると途端に巨人警官になるというアイデアも面白し、ディズニーにしては思い切ったパロディキャラも登場して楽しい。

 

また、全ての行動がスローモーなナマケモノとジュディのやりとりは子供のみならず大人も腹の底から笑えるシーンとなっている。気のながい長さんと、短気な短七のやりとりが面白い落語「長短」のようだ。

 

基本的には明るいバディ・ムービーでありながら、この映画の主題になっている『肉食動物と草食動物の関係性』は、有色人種と白色人種のメタファーであり、バスの車内でのとあるシーンは直接人種差別被害を被った者でなくても胸に突き刺さるものがある。

 

そんなことをぼーっと考えていたら一つ気になることがある、「では、肉食動物は普段何を食べて生きているのか?」。チーターの受付担当はドーナッツを食べていたけど、あれは実は肉で出来ていたのだろうか?

え?肉だとしたら何の、いや、誰の肉だ…。

もしかして映画「ソイレントグリーン」のように死んだ草食動物をクラッカーに加工する工場があったりしたら怖い…。

そんなことを考えながらネットを散策していたらロン・ハワード監督のインタビュー記事にぶつかり問題は瓦解した。監督によれば「ズートピアの肉食動物はプロテインを食べていて、そのプロテイン昆虫を原材料にしている」のだそうです…。虫ならいいのか…。

www.disney.co.jp